読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

百鬼夜行速報

バトルスピリッツの公認、非公認大会の結果をまとめています。結果については情報提供をお願いしています。宛先はTwitterアカウント@GutanV4 まで

考察記事!今弱いカードって?

やぁやぁ、俺だよ。ぐれんだよ。

昨日の観戦記事がなかなか評判いいみたいでなによりって感じで今日を迎えましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか?さて今日は観戦記事から離れて、少しカードの考察的なやつ。それも皆さんはあまりピックアップしないであろう「弱いカード」についてです。

皆さんは弱いカードと聞いてどんなカードを思い浮かべるでしょうか?ある人はテキストを読んで、ある人は普段見ないようなカードを、またある人はインフレの波に飲まれていった過去のカードをと言ったような漠然としたイメージを描くでしょう。しかし僕はあるひとつの観点から、弱いカードを「ある一部の状況だけ役に立つように見えているが、本来必要ないもの」と定義しています。てなわけで、今日はそんな感じのお話。


じゃあまず具体的にどんカードが挙げられるか?と言いますと現環境において2枚のカードが挙げられると思っています。それは

紫速攻における「アルティメットザンデミリオン」

死竜における「超・炎魔神」


がそのカードだと思ってます。あとは白における「己の整備士シールドポーラベア」が際どいかなぁって思いましたがなんかちょっと趣旨から外れそうなので外しました。


ザンデや超炎魔神は確かにあるごく限られた盤面の状況によって入れていると入れてないないとではプレイングの難易度が遥かに楽になる場合があります。例えばザンデの場合は相手が白いカードでガッチガチに固まってるときや雑に3点投げた後に2点取ってフィニッシュに向かうことが出来るので確かに楽です。まさに入れている人たちの言い分はこう言ったものが多いんです。

ただこう言ったものは前述した通り、本来必要ないんですよね。

超炎魔神に話を移しても、相手が絶対にギュウモンジやヴィシューテンを伏せてくるかと言えばそうではないし、むしろミラーマッチなんかではバーストが全く入ってない構築もあるくらいなので腐りきってしまいます。

要は単純に満足にゲームメイクが出来ず、そのまま硬直させているだけと言う認識が出来ていないんです。


そりゃあなんかこう超炎魔神入れてないときに相手が全てヴィシューテン、ヴァイキングレイヴ、ギュウモンジ、メタリフェル全部ぶちこみお前死竜に親でも殺されたんかデッキを使われたり、ザンデ積んでないときにめちゃめちゃ白いお前それ親の形見なんかデッキとかを使われてたらそれらのカードを入れたくなるかもしれませんが、そーーーんなわけねえだろって感じなのでまずはゲームを組み立てて行く段階から話を進めていくといいでしょうね。

さて、ぐれんさんは親というワードをよく出すくらい親を大事にしてるんだなぁと言うことがわかったところで今日はここまで!